<結婚式の招待状>発送する時期&マナー

ペーパーアイテム



結婚式の招待状はいつごろ発送するべきなのでしょうか。早くに送りすぎてもゲストは予定が立てられませんし、逆に遅すぎても急な依頼でゲストを困らせてしまうかもしれません。

今回は結婚式の招待状を発送する適切な時期と、招待状に関するマナー・注意事項についてご紹介します。

スポンサーリンク

招待状を発送する時期

一般的には、結婚式の2〜3ヶ月前に発送するケースが多く、結婚式場やホテルでもこの時期に発送を行うようスケジュールが組まれています。また、招待状に同封する返信ハガキはの返信期日は1ヶ月程度に設定するため、ゲストの出欠が確定するのは大体結婚式1〜2ヶ月ほど前ということになります。

招待状の投函日と返信ハガキの期日は、お日柄の良い日に設定することが一般的です。

しかし、招待状を発送するまでに必要な準備は色々とあるため、発送時期に準備を始めるのでは間に合いません。結婚式場やホテルに招待状を用意してもらう場合は、ゲストの住所と名前をいつまでに提出するよう指示があり、発送までのスケジュールを管理してもらえますが、招待状を自作する場合は自身でのスケジュール管理が必要になります。

招待状に関するマナー

次にゲストに気持ちよく結婚式に出席していただけるよう招待状に関するマナーについてご紹介します。

結婚報告と結婚式への招待

結婚報告など事前の連絡なしに、いきなり招待状を送ることは好ましくありません。ゲストが200人を超すような大規模な結婚式ではなかなか難しいとは思いますが、招待するゲスト一人ひとりに結婚報告を兼ねてお会いし、結婚式に来ていただきたい旨をお伝えすることが理想的です。

結婚報告ができていない場合は、招待状を発送する前にまずは結婚報告を行い、その際に結婚式に出席いただきたい旨を伝えましょう。直接お会いして報告することが一番丁寧とされていますが、遠方に住んでいるなどの事情でなかなか会うことのできない人には、メールや手紙でよいでしょう。メールや手紙で報告する場合は、書面での報告となってしまった旨を謝罪する一文を添えると良いかと思います。

すでに結婚報告は済んでおり改めて結婚式に招待する場合でも、招待状発送前に結婚式に出席していただきたい旨を伝えると良いでしょう。この場合も目上の方であれば直接お会いするのが理想ですが、難しい場合はメールや手紙で連絡しましょう。

主賓のゲストにはなるべく手渡しで

結婚式の招待は直接お会いして伝えることが最も丁寧とされているため、主賓として招待するゲストには、招待状を発送するのではなく手渡しすることが望ましいです。特にスピーチを依頼するゲストには、依頼を兼ねて手渡しすると良いでしょう。

発送前の注意事項

最後に招待状を発送する前に再度確認しておくべき注意事項をご紹介します。

注意事項① 誤字脱字チェック

なんといってもゲストの氏名を間違えることが一番失礼ですので、招待状を発送する前にもう一度ゲストの名前と住所を確認するとよいでしょう。また、招待状を自作する場合は、誤字脱字をチェックしましょう。ウェディングプランナーの方に協力していただき、内容を確認していただくのもよいかもしれません。

注意事項② 返信用ハガキの切手

結婚式場やホテルで招待状を用意してもらう場合でも、返信用ハガキに切手を貼る作業は新郎・新婦が行うことが多いです。そこでたまに見受けられるのが、返信用ハガキに切手を貼り忘れてしまうケースです。そんなミスをするはずがないと思われる方も、意外と多いミスなので発送前にもう一度確認してみてください。

注意事項③ 返信期日の確認

返信期日を記載し忘れてしまうと、出席者を集計しなければいけない時期までに返信をいただけないことがあります。返信期日は大体1ヶ月程度設けるのが一般的です。発送前に再度返信期日が明記されているか、確認するようにしましょう。

まとめ

結婚式の招待状に関するマナー

・招待状は、2~3ヶ月前に発送する
・招待状発送前に直接お会いして結婚の報告を
・主賓のゲストには招待状を手渡しするのがマナー
・発送前には、誤字脱字、返信ハガキの切手、返信期日の記載を再確認

スポンサーリンク

招待状は結婚式の2〜3ヶ月前に発送するのが一般的ですが、招待状は突然送るのではなく、招待状を受け取った人が快く結婚式に出席できるよう配慮しながら準備できると良いですね!

スポンサーリンク

コメント