披露宴ってなにをするの?披露宴の基本の流れを解説

演出



結婚式の準備が始まったものの、当日の披露宴で何をするのかイメージが沸かないという方もいると思います。今回は、披露宴では何をするのか、基本の流れをご紹介します。披露宴の準備をする際に参考にしてみてください。

スポンサーリンク

披露宴の流れ

では、さっそく披露宴の基本的な流れをご紹介します。披露宴によっては順番は前後することがあるかと思いますが、プログラムの内容を参考にしていただければと思います。

新郎新婦入場

新郎新婦が披露宴会場に入場します。入場前にオープニングムービーを流すカップルも多くいます。オープニングムービーとは、簡単に新郎新婦の紹介をしたり、ゲストへ来てくださったことへの感謝を伝える内容になります。

ウェルカムスピーチ

新郎新婦からゲストに向けて、入籍・結婚の報告とお越しいただいたお礼を述べます。新郎のみがスピーチをするのが一般的ではありますが、新郎新婦どちらも挨拶をする場合もあります。

新郎新婦プロフフィール紹介

司会者が新郎新婦の生い立ちや家族構成、経歴、なれそめなどを紹介します。お相手のことを知らないゲストに、結婚相手がどのような人であるを知ってもらうことが紹介の目的になります。そのため、ここでも紹介はくだけた雰囲気というよりは、少しまじめな内容になります。

親しい間柄のゲストが多い結婚式の場合は省略することもありますが、ゲストの中にお相手と会ったことのない親族や会社の方などがいる場合は、プロフィール紹介を入れたほうが良いでしょう。

主賓挨拶

主賓挨拶とは、お越しいただいたゲストの中でも最も上席の方にいただく祝辞のことです。祝辞は新郎新婦それぞれのゲストに依頼することもあれば、一人は祝辞、もう一人には乾杯の発声をお願いする場合もあります。

ケーキ入刀&ファーストバイト

結婚した二人が最初にする共同作業で、ウェディングケーキに新郎新婦がナイフを入れる演出です。ゲストへ幸せをおすそ分けするという意味も込められています。

ケーキ入刀後は、ファーストバイトを行うカップルが多いです。ファーストバイトとは、一切れのケーキを新郎新婦がお互いに食べさせ合うことです。新郎から新婦へは「一生食べさせてあげます」新婦から新郎へは「ずっと美味しいご飯を作ります」といった意味が込められていると言われています。

乾杯

お食事を始める前に乾杯を行います。一般的にはゲストの方に乾杯のご発声を依頼します。主賓挨拶が新郎側のゲストからのみの場合は、乾杯の挨拶は新婦側の最も上席のゲストに依頼することが多いです。

お色直し

お色直しとは、衣装やヘアスタイルを変更することです。お色直しを行う場合は、新婦、新郎の順番で退場するのが一般的です。

新郎新婦それぞれの退場時には、ゲストのどなたかにエスコートをしてもらうことが多いです。サプライズとして、その場でエスコートしてもらうゲストの名前をお呼びすることもあります。

プロフィールムービー上映

プロフィールムービーとは、新郎新婦の幼少期から結婚に至るまでの写真や映像をまとめた動画のことです。もちろんお相手を知らないゲストに知ってもらうという目的もありますが、披露宴開始時のプロフィール紹介と違うのは、披露宴を盛り上げる演出であることです。プロフィールムービーを通して二人の人生を振り返り、お世話になった方々へ感謝を伝えるなどの内容を盛り込むことができます。

プロフィールムービーは、新郎新婦がお色直しで中座している際に流すことが多いです。

テーブルラウンド

お色直しの入場時にすぐに高砂に向かうのではなく、新郎新婦が各テーブルを回りご挨拶をします。テーブルを回る際に、各テーブルのゲストと写真を撮ったり、キャンドルサービスを行うカップルもいます。

祝辞・余興

祝辞とは、ゲストからいただくお祝いのスピーチです。主賓挨拶とは別に仲の良い友人にもスピーチをしてもらいたい場合は、友人代表スピーチを依頼することがあります。

余興とは、歌やダンスを披露したり、クイズをするなどの披露宴を盛り上げる演出のことです。友人に依頼することもあれば、新郎新婦で自ら用意することもあります。

祝電披露

当日会場に届いた祝電を司会者が紹介します。

新婦手紙

新婦が両親や家族に向けて感謝の気持ちを伝える演出で、披露宴の中でも特にゲストが感動するクライマックスのプログラムです。

しかし最近では、みんなの前ではなく親だけに感謝の気持ちを伝えたかったなどの理由で、手紙を読む演出を取り入れない花嫁さんも増えてきています。また、手紙を読みあげるのが主流でしたが、泣いてしまうため恥ずかしいという理由から、ビデオレターを作成して流す新婦もいます。

記念品贈呈

新郎新婦からそれぞれの両親に今まで育ててくれた感謝を込めて花束や記念品を贈呈します。

両家代表謝辞

披露宴がお開きとなる前に、両家を代表していずれかの親がゲストへの感謝の気持ちを伝えます。新郎側のお父さんと新郎から謝辞を述べることが多いですが、状況によっては新婦側のお父さんやお母さんが務めることもあります。

新郎新婦退場

新郎新婦が退場します。最近では退場後にエンドロールを流すのが主流となってきました。エンドロールには、出席くださったゲストの名前とともにメッセージを添えると感謝を伝えることができます。

また、結婚式当日に撮影した動画を披露宴中に編集しエンドロールとして上映する撮って出しを行うカップルもいます。

お見送り

新郎新婦とそれぞれの両親で出席くださったゲスト一人ひとりに再度感謝の気持ちを伝え、お見送りをします。その際にプチギフトを渡すカップルが多いです。

ゲストをお見送りをして、披露宴が終了となります。

まとめ

披露宴のイメージは沸いたでしょうか?披露宴の基本の流れは抑えつつ、新郎新婦らしい演出を加えられると良いですね。

会場によっては、プログラムの順序が前後したり、もっと特別な演出が用意されているかもしれません。わからないことや行いたい演出がある場合は、プランナーに相談しいてみると良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク