遠方からのゲストへ渡す『お車代』地域別相場

マナー



結婚式では、主賓の挨拶や乾杯の発声をしてくださるゲストや、遠方から出席してくださるゲストに「お車代」をお渡しするのがマナーです。今回は「お車代」を渡すゲストの中でも、遠方からお越しになるゲストに焦点を当ててお話します。

スポンサーリンク

遠方からのゲストの交通費・宿泊費

遠方からお越しになるゲストには、あらかじめ列車や飛行機のチケットを用意し、宿を手配することが最も丁寧な対応になります。

しかし、あらかじめ列車や飛行機の時間が決まっていたり、宿泊場所が決まってしまってると、不便なケースもあるかと思います。そのため、事前に新郎新婦がゲストの交通チケットや宿を手配する場合は、まずはゲストに相談するようにしましょう。

交通費と宿泊費を全額負担することが難しい場合や、事前にチケットを手配してしまうと不都合がある場合などは、結婚式当日に「お車代」として現金をお渡しするのが一般的です。

「お車代」の相場

結婚式当日に現金を渡す場合は、交通費の半額~全額を用意するのが一般的です。ゲストの交通費・宿泊費は、新郎新婦で全額負担するのが理想ではありますが、金銭的に全額を負担することが難しい場合は、最低でも半額を包むのがマナーです。

東京近郊で結婚式をした場合に限定されてしまいますが、地域別の相場をまとめました。以下の金額は、交通チケットやホテルなどの手配はしなかった場合の金額目安になります。

しかし、実際には、ゲストとの関係や状況によって、用意する金額も異なってくるかと思いますので、実際にお車代を準備する際はご家族に相談したり、ゲストとの関係などを考慮した上で金額を決めるようにしてくださいね。

東京近郊で結婚式を行った場合の「お車代」相場

ゲストの住まい 都道府県 「お車代」相場
北海道 北海道 3万~6万円
東北 青森県、秋田県、岩手県
山形県、宮城県、福島県
2万~4万円
関東甲信 栃木県、群馬県、茨城県
長野県、山梨県
※千葉県、神奈川県、埼玉県は除く。
5,000~1万円
北陸 新潟県、富山県、石川県
福井県
1.5万~3万円
東海 静岡県、岐阜県、三重県
愛知県
1万~2万円
近畿 京都府、大阪府、兵庫県
奈良県、滋賀県、和歌山県
1.5万~3万円
中国 鳥取県、島根県、岡山県
広島県、山口県
2万~4万円
四国 香川県、愛媛県、徳島県
高知県
2万~5万円
九州 福岡県、大分県、佐賀県
熊本県、長崎県、宮崎県
鹿児島県
3万~5万円
沖縄 沖縄県 3万~6万円

まとめ

遠方からのゲストへお渡しする「お車代」について

・遠方からのゲストには、交通チケットとホテルを手配するのが最も丁寧な対応
・交通チケットやホテルを手配しない場合は、当日「お車代」をお渡しする
・「お車代」は、交通費の半額~全額を包むのがマナー

ゲストの交通費・宿泊費は、新郎新婦で全額負担するのが理想ではありますが、金銭的に余裕がないというカップルも多いかと思います。そんな時は、「これしか出せなくて申し訳ないけど、よければ結婚式に出席していただきたい」という気持ちをゲストにお伝えしましょう。

また、結婚式当日は、遠くからお越しいただいた感謝の気持ちを伝えると良いでしょう。

『お車代』については、『「お車代」の相場と渡し方のマナー』も参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク