結婚式の余興♡友人に依頼する際のマナー

マナー



結婚式の余興や祝辞を友人に依頼する予定のカップルは多いのではないでしょうか。

仲の良い友人から余興を頼まれれば、快く引き受けてくれる人が多いでしょう。しかし、大勢のゲストの前で披露する余興の準備は大変です。普段仲のいい友人であっても、いつものノリで頼むのではなく、マナーを守って依頼したいですね。

今回は友人に余興を依頼する際のマナーについてご説明します。

スポンサーリンク

余興を依頼する際の注意ポイント

直接会ってお願いする

余興をお願いする場合は、できればお相手に直接会い、結婚報告を兼ねて依頼するようにしましょう。

余興の準備には、打ち合わせや練習など多くの時間が必要となります。そんな大仕事を依頼するのですから、やはりメールやラインなどで気軽に依頼するのではなく、直接会って余興をお願いしたい旨を伝えることが望ましいです。新郎新婦からお食事に誘うのも良いでしょう。

しかし、どうしても都合が合わない場合は、会いに行けなかったことを一言謝罪の上、電話などで依頼しましょう。

依頼は早いタイミングで

余興は準備にも時間がかかるため、結婚式直前に依頼するのは避けましょう。日取りが決まったらなるべく早いタイミングで依頼するのが望ましいです。

結婚式の招待状は、大体2ヶ月から1ヶ月半前頃に発送するのが一般的です。招待状を発送する前、最低でも3ヶ月前には依頼するようにしましょう。

持ち時間やNG事項は予め伝えておく

余興の内容を考える上で重要になるため、持ち時間はプランナーに確認し、正確に伝えておきましょう。

また、ゲストに会社関係者が多いため下ネタは避けてほしいなどの要望がある場合は、予め新郎新婦から伝えるようにしましょう。

会場の設備を伝えておく

余興の内容によって使用する会場の設備も異なりますが、予め会場の設備を伝えるようにしましょう。

ムービーを流す場合は、プロジェクターの縦横比やデータの形式を確認する必要があります。また、会場で歌やダンスなどを披露するのであれば、音響設備を確認しなければなりません。

余興を依頼された友人が直接会場にコンタクト取ることも可能ではありますが、新郎新婦が予めプランナーに会場設備を確認し、最低限の情報を伝えてあげると親切です。

担当プランナーの連絡先を伝える

担当プランナーの名前と連絡先は予め伝えておきましょう。質問は直接プランナーに連絡してもらえるとスムーズです。

また、余興に新郎新婦へのサプライズ内容を含んでくれている場合もあります。余興を依頼した友人とプランナーとのやりとりに新郎新婦を挟むとサプライズ内容が分かってしまうなどのハプニングも。

プランナーには余興担当者にプランナーの連絡先を伝える旨をお伝えしておくと良いでしょう。

お礼を準備する

余興を頼まれたゲストは、準備に多くの時間を費やしてくれています。当日も出番が来るまでゆっくりすることができないかもしれません。余興の準備は大仕事であるため、結婚式当日に再度しっかりとお礼をするのがマナーです。

しかし、新郎新婦は当日忙しく、ゆっくりとお礼を伝える時間がありません。そのため、当日の余興を依頼した方へのお礼は、新郎新婦の両親や親戚が行うのが一般的です。

お礼には金一封、またはプレゼントを用意しましょう。また、当日新郎新婦は直接お話する時間が短いため、お礼にはお手紙やカードをつけておくとより感謝の気持ちが伝わり良いですね。

まとめ

新郎新婦の大事な日に多くのゲストの前で披露する余興の準備は、大きな負担にもなります。普段仲の良い友人であっても礼儀正しく依頼をし、また引き受けてくれた場合は、しっかりとお礼を伝えるようにしましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク