「お礼」をお渡しするゲストとは?「お礼」の相場と渡し方マナー

マナー



結婚式当日にお世話になったゲストには「お礼」や「お車代」をお渡しするのがマナーです。今回は「お礼」の渡し方のマナーや相場についてご説明します。

スポンサーリンク

「お礼」を渡すゲスト

お礼は、司会や受付などの当日に大切な役割をお願いしたゲストに渡します。

・司会を依頼した友人、知人
・受付を依頼した友人
・余興を依頼した友人
・撮影を依頼した友人、知人
・ブーケやウェルカムボードなどを制作してくれた友人、知人
・二次会の幹事を依頼した友人

「お車代」を渡すゲストについては、『「お車代」の相場&渡し方のマナー』でお話しているので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

「お礼」の相場

お礼の相場は、依頼した役割によって包む額が異なります。司会や撮影などの労力が大きい役割は、少し多めのお礼を用意しましょう。

依頼した役割

お礼の相場

司会

3万円
※お祝儀をおただいている場合は、プラス2万円程度包みます。

受付

5,000円

余興

5,000~1万円、または、品物

撮影

1万~3万円

ブーケやウェルカムボード製作

5,000~2万円

二次会幹事

5,000~1万円

「お礼」の渡し方

司会を依頼したゲストには披露宴が始まる前に、受付を依頼したゲストには受付開始前に、ご両親から「本日はよろしくお願いします」という挨拶と一緒にお渡しするのがマナーです。

余興や撮影、二次会の幹事を依頼したゲストには、後日新郎新婦からお礼を発送することも可能ですが、できれば当日お渡しすることが望ましいです。ご両親に余裕があれば、当日新郎新婦が中座しているタイミングなとで、ご両親からお礼を渡していただくと良いでしょう。

「お礼」準備のポイント

お礼は両親からお渡しするのが基本なため、ご両親には予めお礼を渡す相手のお名前や座席を伝えておくようにしましょう。

また、包む額によってお祝儀袋とポチ袋を使い分ける必要があります。1万円以上の場合はお祝儀袋、1万円未満の場合はポチ袋に入れます。表書きは「御礼」とし、招待した側の苗字を毛筆か筆ペンで書いておきましょう。

まとめ

ゲストにお渡しする「お礼」

・結婚式当日、大切な役割をお願いしたゲストにお渡しする
・「お礼」は依頼した役割によって包む額を決める
・渡し方は依頼した役割によって異なる
・1万円以上包む場合はお祝儀袋、1万円未満の場合はポチ袋を用意する

今回は結婚式当日にお渡しする「お礼」についてお話しました。お世話になったゲストにはしっかりと感謝の気持ちを伝え、失礼のないように「お礼」をお渡しできると良いですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク