『お車代』の相場と渡し方のマナー

マナー



結婚式当日、お世話になったゲストに感謝の気持ちを込めて渡すのが「お車代」です。

今回は、どのようなゲストにどれ程渡すべきなのか?また、渡し方のマナーはあるのか?などの「お車代」についてご説明します。

スポンサーリンク

「お車代」を渡すゲスト

お車代をお渡しする相手は、こちらから依頼をして結婚式に出席してくださったゲストです。主賓や乾杯の発声をしてくださるゲストには、お車代をお渡しするのがマナーです。また、遠方から出席してくださった親族や友人にも交通費や宿泊費をお渡ししましょう。

ただし、主賓や乾杯のご挨拶をしてくださるゲストに往復のハイヤーを手配している場合は、お車代を渡す必要はありませんので、注意してください。

「お車代」を渡すゲスト
 主賓の挨拶をしてくださるゲスト
 乾杯の発声をしてくださるゲスト
 遠方から出席してくださるゲスト

「お車代」の相場

では、お車代の相場はどの程度なのでしょうか。スピーチをしてくださるゲストには、少なくとも1万円以上を包むのがマナーです。遠方から出席してくださるゲストには、交通費の半額~全額をお渡しするのが一般的です。

渡す相手が親族の場合は、新郎新婦の両親と相談し、これまでの付き合い方を考慮して包む額を決めると良いでしょう。

また、前泊や当日宿泊するゲストの場合は、交通費だけではなく宿泊費も考慮する必要があります。新郎新婦がゲストのために交通チケットやホテルなどを手配している場合は、お車代は必要ありません。

「お車代」の渡し方

主賓や乾杯の発声をしていただくゲストには、スピーチを依頼した側の両親が、受付後や新郎新婦が中座している間などのタイミングで、ご挨拶を兼ねて目立たないようにお渡しします。

遠方からお越しいただいた親族へは、両親が直接渡します。相手が友人の場合は、受付で渡してもらうことも可能ですが、両親が顔見知りの場合は挨拶を兼ねて両親から直接渡すと良いです。

「お車代」準備のポイント

結婚式当日は新郎新婦には余裕がないため、お車代は両親や受付の方に渡してもらう必要があります。両親や受付を依頼する方には、事前にお車代を渡す相手のお名前やどこに座っているのなどの情報を伝えておきましょう。

また、包む額によってお祝儀袋とポチ袋を使い分ける必要があります。1万円以上の場合はお祝儀袋、1万円未満の場合はポチ袋に入れます。表書きは「御車代」もしくは「御車料」とし、招待した側の苗字を毛筆か筆ペンで書いておきましょう。

まとめ

「お車代」のマナー

・お渡しする相手は、主賓や乾杯の発声を依頼したゲストと遠方からお越しのゲスト
・包む額は交通費の半額~全額
(スピーチを依頼したゲストには最低でも1万円以上包む)
・基本的に渡すのは、招待した側の両親
・1万円以上の場合はお祝儀袋、1万円未満の場合はポチ袋に
・表書きは「御車代」もしくは「御車料」
・招待した側の苗字を毛筆か筆ペンで記載する

参列してくださったゲストへ感謝の気持ちとして「お車代」をお渡しするのもマナーです。失礼のないようしっかりと準備するようにしてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク