席次表の作成ポイント♡上座はどこ?ゲストの肩書は?

ペーパーアイテム



返信が揃い、出席くださるゲストのリストができたら、配席を考えていきます。プランナーさんと会場のレイアウトを考え、席次表を作成しましょう。

席次表を作成する際は、上座の位置やゲストの肩書きなどのマナーに注意しなければなりません。今回は、席次表を作成についてご説明します。

スポンサーリンク

席の配置

高砂席にむかって中央より、左側が新郎側のゲスト、右側が新婦側のゲストの席となります。新郎新婦の座る高砂席に一番近い席(最前列中央)が主賓席となります。両親や家族は、高砂席より最も遠く出入り口に近い末席となります。

テーブルの中でも高砂席に近い席が上座とされていますが、ゲスト同士の関係性なども考慮した上で席順を考えると良いでしょう。

席次表の書き方マナー

基本的に家族を除き、ゲストの名前には「様」をつけます。家族は新郎新婦と同様、結婚式にお招きする立場であるため「様」をつけません。

肩書きには、ゲストの役職や新郎新婦の間柄を添えます。複数の肩書きがあるゲストの場合は、ゲストの立場がよくわかり、本人に喜ばれる肩書きを選びましょう。一昔前ほど堅苦しくなくなってはきましたが、出席してくださるゲストが不快な思いをしないよう配慮できると良いですね。

席次表で重要なのは、両家の書き方は統一することです。例えば、新郎側の会社関係者の肩書きに会社名、役職を略さずに記載する場合は、新婦側も揃えるようにしましょう。

席次表の書き方マナー
・ゲストの名前には「様」をつける。
・父母、兄弟姉妹、祖父母には「様」はつけない。
・結婚している兄弟姉妹とその配偶者には「様」をつける。
・ゲストが子供の場合、小学生までは「くん」や「ちゃん」、それ以上は「様」をつける。
・肩書きが複数ある場合は、本人に喜ばれる肩書きを選ぶ。
・両家の書き方を統一する。

ゲストの肩書き

仕事関係者の肩書き

会社名と部署、役職者は役職名を入れます。複数の肩書きがある場合は、最上級の肩書きを入れます。他社に転職した上司の場合、現職の肩書きまたは転職前の肩書き、どちらでも問題はありません。

続柄

肩書き

上司

○○株式会社 xx部 部長/新郎(新婦)会社上司
※勤務先が会社でない場合は、「職場上司」と表記します。

先輩

新郎(新婦)会社先輩
※勤務先が会社でない場合は、「職場先輩」と表記します。
※肩書きがある場合は、肩書きを表記しても問題ありません。

同僚・後輩

新郎(新婦)会社同僚
※勤務先が会社でない場合は、「職場同僚」と表記します。
※同期の場合は、「会社同期」と表記することも可能です。

勤務先を退職した上司

元職名を書く場合:元○○株式会社 xx部 部長
現職名を書く場合:△△株式会社 XX部 部長
※現在は働いていない場合、「元会社上司」と表記しても問題ありません。

別の会社に転職した先輩・同僚

新郎(新婦)会社元同僚

元勤務先の同僚

新郎(新婦)元会社同僚

学校関係者の肩書き

続柄

肩書き

恩師

○○大学xx学部教授/新郎(新婦)恩師
※現職がある場合は、肩書きを表記します。
※すでに退職している場合は、「恩師」と表記することも可能です。

友人の肩書き

続柄

肩書き

学生時代の友人

新郎(新婦)大学友人/新郎(新婦)高校友人/新郎(新婦)中学友人

幼なじみ

新郎(新婦)幼なじみ

上記以外の友人

新郎(新婦)友人

親族の肩書き

続柄

肩書き

両親

新郎(新婦)父、新郎(新婦)母

兄弟・姉妹

新郎(新婦)兄、新郎(新婦)弟、新郎(新婦)姉、新郎(新婦)妹

兄弟・姉妹の配偶者

新郎(新婦)義兄、新郎(新婦)義姉
※新郎(新婦)より年下の場合でも、義姉・義兄と表記します。

弟・妹の配偶者

新郎(新婦)義妹、新郎(新婦)義弟
※新郎(新婦)より年上の場合でも、義妹・義弟と表記します。

兄弟・姉妹の子供

新郎(新婦)甥、新郎(新婦)姪

祖父母

新郎(新婦)祖父、新郎(新婦)祖母

両親の兄弟・姉妹

新郎(新婦)伯父、新郎(新婦)叔父、新郎(新婦)伯母、新郎(新婦)叔母
※配偶者も含みます。

祖父母の兄弟・姉妹

新郎(新婦)大伯父、新郎(新婦)大叔父、新郎(新婦)大伯母、新郎(新婦)大叔母
※配偶者も含みます。

いとこ

年上の場合:新郎(新婦)従兄、新郎(新婦)従姉
年下の場合:新郎(新婦)従弟、新郎(新婦)従妹
※配偶者も含みます。

いとこの子供

従甥、従姪

上記以外の親族

新郎(新婦)親戚

まとめ

席次表の書き方や肩書に悩んだ際は、プランナーに相談してみると良いかと思います。

席次表は出席くださるゲストにお配りするペーパーアイテムです。ゲストみなさんが注目するアイテムですので、失礼や間違いのないよう、マナーに注意して作成すると良いでしょう。

スポンサーリンク