悩んだら読んで欲しい!結婚式の余興アイディア

ムービー作成



友人や同僚に余興を頼まれたけど、ネタに悩んでいる方は多いのではないでしょうか?また、自分たちで余興を準備する予定だけど、まだ内容が決まっていないというカップルもいるかもしれません。

今日はそんな方々に向けて、余興のアイディアをまとめてみました。演出に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

当日披露する余興アイディア

ダンス

結婚式で定番の余興といえば、ダンスではないでしょうか。ダンスといっても、チアリーディングなどの可愛い系からカッコいい系、お笑い系など、様々なジャンルがあります。曲によって全然雰囲気が変わるので、曲選びが重要になってきます。

練習に時間があれば、新郎にも協力をしてもらい、突然友人に混ざって新郎にも踊ってもらえばより盛り上がるでしょう。なにも知らされていない新婦やゲストは驚くこと間違いなしです。

またダンスは、完成度が重要です。練習時間が足りず振付を覚えきれていなかったり、恥ずかしがってしっかりと踊れなかったりすると、見ているゲストは盛り下がってしまうかもしれません。曲と振付が決まったら、あとは練習あるのみです!完成度の高いパフォーマンスでさらに盛り上がる余興となるので、しっかりと練習して臨めると良ですね。

演奏・カラオケ

演奏やカラオケは、余興の中でも盛り上がる演出の1つです。音楽で新郎新婦をお祝いしましょう。

バンドをやっていたり、歌が上手な場合は、弾き語りやバラードを披露するのも良いでしょう。新郎、または新婦がサプライズでお相手に歌を贈るのも素敵ですね。

漫才・モノマネ

最近注目なのが、漫才やモノマネです。大勢のゲストの前の少しハードルが高いかもしれませんが、有名な漫才を少しアレンジしたり、人気の芸人さんのモノマネで新郎新婦をお祝いすれば、盛り上がること間違いありません。ネタに自信のある方は、自分で台本を書いてみても良いかもしれません。

しかし、これも完成度が重要になってきます。ネタが決まったら、あとは練習あるのみです!

新郎新婦クイズ

クイズゲームはゲストも参加することができるため、みんなで楽しむことができます。新郎新婦にまつわる問題を出題し、ゲストに回答してもらいます。クイズの作成には新郎新婦に協力してもらうと良いでしょう。

正解数が最も多かったチームやゲストには、景品を渡すのも良いですね。また、解答発表ごとに新郎新婦から一言コメントをもらうと盛り上がるかもしれません。

クイズは、メールなどのやりとりで準備を進めることができるので、メンバーがなかなか集まることのできない場合にオススメです。

お祝いムービー作成

ダンスや演奏を披露するだけではなく、ムービーを作成して上映するのも立派な余興です。大勢のゲストの前で何か披露するのは恥ずかしい場合は、ムービーを作成するのも良いでしょう。

当日その場で披露する余興は、準備時間が決まっていたり会場の都合などで演出が限られてしまうことがありますが、ムービーであれば時間や場所を気にせず撮影できるので凝った内容の余興が実現できます。

ムービーの内容は新郎新婦へのお祝いになりますが、構成には様々なアイディアがあります。

定番ではありますが、友達や先輩・後輩からメッセージをもらい、ムービーにまとめるだけでも、新郎新婦には喜んでもらえるでしょう。友達が新郎新婦の思い出の場所を巡って紹介したり、ムービーも人気があります。

お友達がこっそり新郎新婦の実家訪問をして、ご両親からメッセージをいただき、ムービーにサプライズ出演していただくのも楽しいですね。

また、最近では、新郎新婦へのお祝いメッセージなどの写真を2000枚ほど集めて、集めた写真で新郎新婦の顔を作成するモザイクアートなどの演出も流行っています。

お祝いムービーアイディア集

家族・友人からのお祝いメッセージ

著名人からのお祝いメッセージ

有名な映画のパロディ

新郎新婦の実家訪問

モザイクアート

サプライズ演出

新郎が新婦へのサプライズで歌やダンスを披露したり、手紙を読んでバラの花を贈るなどの新郎新婦同士のサプライズ演出も人気です。逆に新婦が新郎へサプライズを用意している場合もあります。

友人の用意してくれた余興に新郎新婦同士のサプライズ演出を盛り込むのも良いですし、余興とは別に時間を作るのも良いです。

仲の良い新郎新婦を見て、ゲストも幸せな気分になってくれるでしょう。

サプライズ演出アイディア集

新郎から新婦へのサプライズムービー

新郎から新婦へバラの花束のプレゼント

新郎から新婦へパラパラ漫画のサプライズ

まとめ

余興を依頼された友人の方は、内容に悩むかもしれませんが、一生懸命準備した余興であればどんな内容でも新郎新婦は喜んでくれるでしょう。持ち時間に余裕がある場合は、いくつかのアイディアを掛け合わせるのも良いですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク